VAPE & VOICE

WHAT'S VAPE?VAPEについて

VAPEとは?
電気による発熱によってリキッドをミスト(霧)化させる道具。そしてそのミストを吸い込み、吐き出すこと。
「電子たばこ」と「VAPE」は実際は同じもので、バッテリー・アトマイザーから構成される機材でリキッドを霧化するという 基本要素は「電子たばこ」登場時から変化しておりません。
日本国内では薬事法で規制されているためニコチンリキッドを販売・購入及び譲渡が出来ません。
ニコチンリキッドは個人輸入のみが許されています。
このような状況のため日本では「タバコ」という認識は低いですが、海外では「ニュータイプタバコ」という位置付けです。
VAPE基礎知識
海外ではE-Juice、E-Liquid等と呼ばれるのでリキッドをジュースと呼ぶ事もあります。
「E」はElectricの頭文字です。
VAPEはE-Cigarette、E-Cigとも昔呼ばれていました。
国内で昔からのVAPEファンの方で「イーシグ」「電子たばこ」と呼ぶ方もいます。
VAPEを持っている人、VAPEを好きな人、ユーザー等をVAPER、またはVAPORと呼ばれます。
VAPEは大きく分けてアトマイザーとバッテリーの2部分から構成されます。
リキッドをミスト化させるものをアトマイザーと呼びます。
アトマイザー内部にはコイルが設置され、これに電流流すことによりコイルを発熱、リキッドをミスト化します。電力の供給にはバッテリーを使用します。
VAPEをよく知らない方でももしかしたら見た事があるかもしれません。ファイヤースイッチを5回押すとONとOFFを切り替える等のペン型VAPE。海外でも国内でも、このタイプのVAPEユーザーが一番多いと思われます。
こういったタイプのアトマイザーはクリアロマイザーとも呼ばれ、使い捨てのコイルを使って気化させ、クリアロマイザーと同じ径やカラーリングやデザインがペアになっているバッテリー部分が一緒に組み合わせられて販売されています。
価格帯は3,000〜5,000円程でスターターキットとして販売されているものも多く、お手軽に試せます。この使い捨てのコイルの寿命は1週間〜2週間程度です。
焦げ付いたまま使い続けると味もどんどん不味くなってしまい最終的にはコイル等が切れてしまいVAPEとしての機能を果たせなくなってしまいます。
またコピー商品等も一時期全国に大量に出回っておりまして、残念ながらそれを手に取った方にはとても壊れやすくて良くないモノだという印象を持たれている方も少なくないのでは?
アトマイザーにはスターターからマニアックなものまで沢山種類が存在します。例えば、3mmの径に8巻きしてコイルを作り、空気が入り込んでくる穴に近付けて温度が上がりすぎないように。。。等ととてもマニアックです。
自分でコイルを作り、アトマイザーにセッティングする作業をリビルドする、と言います。
それは例えば、
〜どんな気候の酒蔵に、どんな木を使った樽で何年寝かせたものを、どんなグラスでどんな氷で、ロック?水割り?今日はどんな飲み方で楽もうかな。〜
VAPEの楽しみ方はそれと同じようなものなのです。
リキッドも国や地方によって特徴が様々です。ウィスキー、ブランデー、ワイン、地酒、そんな世界観に似ているのです。
葉巻もワインも保存に気を使います。
アトマイザーやモッドも様々な価値を含み、そこでしか買えないもの等貴重なものや世界に数台しかない職人技が光るものがあり、世界中で競って買うという面白い側面もあります。
VAPEはそこまでの嗜好品にもなるのです。
スティープと言って製造してからしばらく寝かせる手法があり、スティープしてから出荷するリキッド等も多くあり、作り手の特別なこだわりを感じずにはいられません。
リキッドをミストに
リキッドとはミスト(いわゆるVAPEの煙、蒸気)の元になる液体のことをいいます。
このリキッドというものの原料は主に
・プロピレングリコール
・植物性グリセリン
・香料
このリキッドをコットン等に含み、そこに巻き付けたコイルで熱しミストに変えます。
コイルは液体に触れていますし空気の流れに当たるので高温にはならない為高くても摂氏約300度前後なのでタール等の成分を発生させません。
香料等の成分を調合し、今日もどこかで様々なフレーヴァーが誕生しています。
アメリカだけで言っても現在では、数百社のリキッドメーカー、数千に上る銘柄、数万種類のフレーヴァーが今まで生まれてきました。
上の事から解るように、海外では年々成長する産業となっています。
日本国内でも年間50億円の産業と徐々にシェアを広げており、2014年にはオックスフォード大学出版局が「Word(s) of the Year」にて今年の単語に「VAPE」を選びました。
また逆に、ネガティブな意味で「たばこ≠蒸気」をふりかざしマナーを守らない事や、未成年者を喫煙へ導く懸念から規制されている国等もあります。
未成年者の問題について日本国内の事情をひとつ挙げると、日本電子タバコ協会(JET)
では販売の際に年齢確認を徹底する事で未だ法律が追いついていない部分を自主規制しています。
発がん性の問題
VAPEはまだ歴史が何十年と長いものではないので身体に対しての研究データが足りない状態ではありますが、燃やして吸う煙に比べてVAPEの煙は空気中に含まれる発がん性物質の量に極めて近いです。
報道様々な研究データがありますが正直なところ、国内国外問わずVAPEに対してポジティブな結果もネガティブな結果も両方出ています。
しかしVAPEユーザー年々の増加傾向を見ていると私達VAPEファンの感じた事も含めて、実際に継続的に使用したり生活に取り入れた結果、良いモノなのは間違い無いと感じずにはいられません。
また業界全体が自主規制や検査等を行い、VAPEが市民権を得る努力をしています。
VAPEでは火を使わないわけですが、高温になり過ぎればリキッド、コットンやコイルが焦げます。
焦げた時にとても不味い味がするわけですが、そのような状態のミストには発がん性物質が含まれることを厚労省が発表しています。
ですがVAPEとはいかに美味しく煙を吸うかという部分が根本であるので、より焦げない(焦げる=イガる等とも表現されます)よう工夫されたVAPEも開発されたり自分で出来る知恵等もシェアされVAPEの基礎知識やVAPE的常識に含まれてきています。
喫煙マナー
VAPE≠タバコ
上の式が成り立ちますし蒸気でありますので場所を選ばずどこでも吸って良いわけではありません。
他者から見れば喫煙者なわけで、いくら副流煙が良い香りだったとしても喫煙マナーは守るべきだと考えます。
私はタバコユーザー全員がVAPEユーザーになれば。とは思いません。
あくまで嗜好品です。
タバコ好きな方、シーシャのような水タバコが好きな方。VAPEが好きな方。
色々な方が煙を嗜好品としています。
そういった方々が気持ちよく共存出来るように喫煙マナーに配慮する事が必要だと考えています。
ましてやVAPEを守りたいと考える視点から見ればまだ認知度が低いVAPEにおいて喫煙マナーを守る事はVAPEを守る事に繋がります。
場所によって吐き出す煙量に気配りが出来るVAPERは格好良いですよね。
また、海外では条例等で屋内が禁煙となっている国では建物から3ヤード離れなければタバコを吸ってはいけない場所もあります。
そこでは逆にVAPEは吸えるという場所も存在します。
国内でも2015年、東京ドームにてNO SMOKING / VAPE OK、つまり禁煙/VAPE可という試みも実現しました。
アトマイザー
その種類は多岐にわたります。上で書いたクリアロマイザーは多くの場合、使い捨てコイルを使用しますが、そのコイルを自分で作って発熱温度や燃焼速度等を自分好みに仕上げる専用のリビルダブルアトマイザーというものがあります。
自分でセットアップする行為を「ビルドする」といいます。
そのリビルダブルアトマイザーにも種類があり、RTAと呼ばれるリビルダブルタンクアトマイザー。
RDAと呼ばれるリビルダブルドリッピングアトマイザーがあります。
RTAはタンクなのでその中にジュースを保持できますので中身が無くなるまではずっとそのまま吸い続けられます。
RDAは上からリキッドを垂らし(ドリッピングし)て吸う方法です。
ドリッパーとも呼ばれます。
これは爆煙と呼ばれるくらいの煙量を出します。
VAPEイベントではCC(クラウドチェース)というより大きな煙を吐き出す事を競う競技等もあり世界で盛り上がりを見せています。
RTA、RDA共にコットンにリキッドを保持する事が多いのですが、コットンや紐状のファイバー等のかわりにステンレスメッシュ等にコイルを巻き付けるジェネシスというリビルドの方法もあります。
こちらは煙量は少なくなりますがリキッドの味がとてもクリアになるという事でジェネシスファンも沢山います。
アトマイザーにも開発者の意思や意図が沢山あり、様々な特徴があります。
煙量に特化したものや、美味しく吸えるよう特化したもの。
ビルドのしやすさに特化したもの。
または装飾に重点を置いたものまで幅広くあります。
正解は無く、VAPEと一緒に生活する中で自分の好みを探す世界なのです。
電気を通すものであり耐久性等の面から金属製が殆どです。
モッド(バッテリーモッド)
アトマイザーは単体では発熱出来ません。
もちろんコイル等も必要ですが発熱する為には電気が必要になります。
その電気を蓄え、放電するバッテリーが必要になります。
そのバッテリー部分をモッドと言います。
電気を通すものなので殆どが金属製ですが、その上に木や樹脂でデザインを施してあるものもあります。
最近ではUSB等で内蔵電池に充電出来るモッドが登場しています。
それと対極の存在、メカニカルモッドというとても原始的な仕組みで制御基盤や配線等が無いものもあります。
こちらには充電式のバッテリーを入れて使います。
電子制御できるレギュレーテッド(またはテクニカル)モッドと呼ばれるものよりもメカニカルモッドの方が歴史が長いです。
両方とも様々な形のものが販売されており、ボックスタイプやチューブタイプ、手に馴染むものやデザインが素晴らしいものなど沢山あります。
海外のオークション等で数百万円で落札されるモッドまで存在します。
モッドはバッテリーをセットするものでバッテリーを1本入れて使うものから2本、3本入れるもの等もあり、VAPERの生活スタイルによって様々なベストチョイスが存在します。
リチウムイオンバッテリー
基本的にVAPEにはリチウムイオン電池を使用します。
VAPEに使用するためには電圧と放電量の高いリチウムイオン(IMR)バッテリーが必要になります。
コンビニ等で入手できるものとは桁違いの放電量のもので、 一瞬だけならエアコンや炊飯器、掃除機等をまかなえる電力を持っています。
バッテリーの向き(プラスとマイナス)等を間違えるだけでショートを起こしかねないので最低限の知識と注意が必要になります。
また、モッドによりIMRバッテリー等のサイズも違いますので調べてからご購入下さい。
マニアックなVAPEが好きになってくるとまず最初はバッテリーについて勉強する事が大切です。
バッテリーは強力なだけにパワーがあり取り扱いを間違うととても危険です。
万が一事故があっても自己責任の世界なのでしっかりとご自分を守る為に知識を身に付ける必要があります。
放電電力が大きかったり、電池容量が大きかったり、様々な特徴を持ったバッテリーが発売されています。
ドリップチップ
ドリップチップ(DT)とはアトマイザーの上に差し込む吸い口です。
昔のRDAは吸い口からリキッドをドリッピングしていた事からこう呼ばれます。
当時はドリップしやすいもの等が重宝されたことでしょう。
アトマイザーとモッドを同系色などで合わせ、ドリップチップで彩りを添えたり等のファッション要素もあります。
素材ではプラスチックから木やガラス製、綺麗な石を使っているものまで存在します。
また、DTの内径によってフレーヴァーの感じ方が変わり、そういった機能の面でも様々なものがあります。
ドリップチップ、アトマイザー、モッドの組み合わせをセットアップと言い、ドリップチップを使ってセットアップにアクセントを加えるという楽しみもあります。
ドリップチップのコレクターはとても多く、コレクター向けの商品も沢山発売されています。
クローン
工場製品ではなく、一つ一つをモッダー(モッド等を作る職人をモッダーと呼びます)が作っているVAPEは大量生産が出来ないために高価なモノが多いです。
職人の魂を感じられるような装飾や、考え抜かれたオリジナリティ溢れるアイデアや仕組み等が散りばめられています。
そんなVAPEが型押しの偽物として出回っている事があります。
それがクローンです。
反対にオリジナルまたは本物をオーセンティックと呼びます。
誤解されがちですが、オーセンティックには価格・品質の高低は関係ありません。
例えば有名なKangertechのSuboxなどでもKangertech社正規品であればオーセンティックになります。
ただし一般的には高級品・ハイエンド品がオーセンティックと呼ばれることが多いようです。
クローンはとても格安で購入できますが、型押しの偽物なので品質がとても低いです。
VAPEの歴史を振り返るとクローンがあったからこそVAPEがここまで成長したという部分はどうしてもあります。
しかしクローンを使用していた為に起こってしまった事故等もありますので一般的に推奨しません。
スレッドが甘くて噛み合わせが悪かったり、溝がきちんと掘られていない為にそこだけ空気が流れない等。
スターターキットよりももう一歩VAPEの奥深さを感じたいというのであれば、クローン製品を買うよりも中国のバリアブル等を購入された方が安全ですし価値があると思います。
中国製品は工場製品が多いのですがかなり沢山の種類が発売されていますし質が高くパワーを持ったものも多いです。
わざわざ偽物を選んで危ない目に遭う可能性を手に入れるよりは価格の割に質が高いものが多いのその辺りから勉強していくのが良いかもしれません。
あとがき
このページは、VAPE&VOICEをきっかけにしてVAPEを知り興味を持って下さった方が最初に辿り着くページのつもりで書きました。
国内のVAPE事情とともに、海外でのVAPE先進国の情報も同時に知って頂きたい。
そして社会基準の中でVAPEはどういうものなのかという事を多角的にバランスよく知って頂きたい。
そして、VAPEの魅力を知って頂きたい。
そんな気持ちを込めて書きました。
でもまだ正直書き足りません。
非VAPERの方々と喫煙所をシェアする事が多いという経験を基になるべく分かり易く書いたつもりです。
VAPEにとって良い情報、悪い情報共に正直に盛り込みました。その方が安心してVAPEを楽しんで貰えると思ったからです。
私の師匠の受け売りですが「VAPEとは、愛せば誰でもあの頃に戻れるもの。」
VAPE&VOICEという番組を通じて、あなたがもっとVAPEを楽しめるように一緒に勉強して行きます。
あなたのVAPE生活がより良くなりますように。

VAPE&VOICEパーソナリティ
GOOFY